HOME > archive

HOME > archive

2013年1月30日

2月のピラティスは2日土10:10~と16日土11:30~です。
詳細

ピラティスは胸式呼吸を用いながら、ストレッチを中心とした動きで
体の奥の筋肉をしなやかで丈夫な筋肉に鍛える運動です。
元々は傷病者のリハビリや虚弱体質の改善のために開発されたものでした。
負荷が少なく、動きがゆるやかなため幅広い年代で楽しみながら身体と向き合い
改善していくことができます。


ピラティスは様々なスポーツのパフォーマンス向上・ケガ予防に最適です。

体幹を鍛え、ブレない身体を作りませんか。

■内容        ピラティス

■スケジュール   
①月 10:10~11:30  
②土 10:10~11:30
※月によって開催日が異なる場合がございます。スケジュールをご確認ください。
2月は2日土曜日10:10~11:30、16日土曜日11:30~12:50です★

■料金        2,000円 (80分)

■持ち物     ヨガマット、タオル、水
※ヨガマットはご持参ください。レンタルされる場合は別途300円かかります。

■予約方法     info@viajes-jp.comに氏名/連絡先/参加日を      
            メールにて開催日前日までにお知らせください。

ご予約はこちら
■場所        鎌倉 -蕾の家-       
           鎌倉市長谷2-4-2(由比ガ浜駅から徒歩2分)

■インストラクター 高橋 アキ

「ピラティスを通して機能的な身体作りを目指しましょう♪
身体と会話するように動くことによってケガを予防し、
お腹周りスッキリ、美姿勢をキープします★」

2013年1月8日

新年のご挨拶
あけましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。

昨年5月には、古民家プロデュース一号店の蕾の家をOPEN
することができました。
多くの方々に支えられ、Viajesにとっても大変重要な年となりました。

今年は、これまでの皆様とのご縁を大切にし、
皆様に喜んで頂けるような価値を提供できるように
成長していきたいと考えております。

一つでも多く、古き良きもの・ことが新しい形となって、日々の生活の中で
活用されるような仕事をしていきたいと思っております。

本年もViajesをよろしくお願い申し上げます。

今年も皆様にとっても素敵な一年になりますように。

2013年1月8日

Viajes株式会社
新年.png



2012年11月22日

シティリビング「Cityliving」2012.11.2号に「蕾の家」が掲載
「蕾の家」がオフィスで働くための情報紙「Cityliving」に掲載されました。
記事掲載にあたり、関わって下さった方々に深く感謝申し上げます。
img091.jpg

2012年11月20日

10年先に繋ぐ、南会津プロジェクトスタート!!
〜未来を思い描くヒントは、懐かしい風景の中にある〜
福島県南会津群に位置する舘岩村水引集落。
...そこには、美しい自然、懐かしい茅葺き屋根の民家、そして迎えてくれる優しい笑顔があります。
...また、その場所は同時に過疎化が進み、存続の危機という問題にも直面しています。

これらの日本の古き良きふるさとを、後世に遺す活動にViajesとして参画することを決めました。
その土地に根ざした活用を地元の人と一緒に考え、企画し、実現していきたいと考えています。
まずは、いくつか私たちが出会った水引集落をご紹介します。

写真 12-08-19 7 18 27.jpg
浅草から三時間ほど会津鬼怒川線に揺られて”会津高原尾瀬口”で下車します。
IMG_0482.JPG

満開の蕎麦の花と茅葺き屋根のお家がお出迎えしてくれました。


採れたてのトウモロコシは甘い!!
写真 12-08-19 7 22 44.jpg

真ん中にいらっしゃるのは地元のおばあちゃま、えいこさん。毎回、畑/野菜作りを教えてくれます。
日頃はとても優しい方ですが、畑に入るとピシッと厳しくなります。
自分たちで植えたジャガイモと大根の成長が楽しみです。

写真 12-08-19 20 12 18.jpg

こちらは水引集落の中にある唯一の民宿”離騒館”。
名前の通り、きれいな山々と田畑に囲まれたとても静かな場所です。もちろん携帯の電波もありません。笑。
とっても働き者でランナーの女将、けいこさんが美味しいお料理を作ってくれます。

今後、この活動を応援して下さる方、参加をして下さる方を募集していく予定です。
みなさんのご参画を心よりお待ちしています。


2012年11月7日

ロミロミマッサージ始めました。
ハワイのマッサージです。
◆ロミロミマッサージ

蕾の家では、懐かしさと日本を感じる鎌倉の古民家で
「日々の生活をより豊かにする」をコンセプトにロミロミマッサージを行っています。
ロミロミはハワイの伝統的なマッサージです。筋肉の深部までしっかりほぐしていきます。
お庭の見える古民家で、ゆったり日常から離れてロミロミマッサージで特別な癒しの時間をお過ごしください。



■内容         ロミロミマッサージ (女性限定)

■メニュー&料金 
            ロミロミ&ホットストーンマッサージ 60分 7500円
            ロミロミ&ホットストーンマッサージ 90分 10500円
            ロミロミ&ホットストーンマッサージ 120分 13500円  

          ※ オイルはお肌に優しい高品質なものです。 

■スケジュール       毎週月、水曜日 10時~16時 
             ※最終予約は15時です。
               その他の曜日もご相談の応じますので、ご連絡下さいませ。

■ご予約方法
事前ご予約頂きますようお願い致します。
レッスンのご予約はこちらから

■セラピスト
池田麻記 (PAスタイル)
ロングライフロミロミエッセンシャル修了
ハワイ島にてレベル2修了
表参道のサロンにて勤務後独立



2012年8月26日

Bossa Nova ライブ
 日本の古いお家とブラジル音楽が交りあう
江戸仕草さんをお招きして、Bossa Nova ライブを行いました。
多くの方にお越しいただき、とても素敵な夕暮れのひと時を過ごすことができました。
Reiシャワーのオーナーである玲子さんお手製のアラカルトも大変ご好評でした。



写真 12-08-21 9 43 47.jpg


また音楽会を開催いたしますので、是非ご参加ください♪

2012年6月26日

ベビー&ママYogaを実施
 「お家」でのママと赤ちゃんのためのYoga 
マタニティーや産後Yogaがご専門のTomomi先生をお呼びして、
赤ちゃんと一緒に受けることができる「ベビー&ママYoga教室」を
開催しました。
最初は、人見知りや場所見知りをしていた赤ちゃん達ですが、少しずつ
慣れて、赤ちゃん同士も仲良く1時間のレッスンに参加しました。

抱っこひもで凝った肩や首といったママ特有のトラブルの場所を
少しずつほぐしていくようなポーズを沢山行いました。

後半には、赤ちゃんと一緒に「高い高い」をするなど、
赤ちゃん達のきゃっきゃっという声に包まれながらレッスンが終了しました。

7月下旬に再度開催する予定です。
詳細はHPのnewsにてお伝えいたします。
写真 12-06-26 14 17 45.jpg


2012年6月21日

鎌倉おもてなしデザート教室を実施
 ちょっとしたエッセンスでプロ顔負けの仕上がりに
 「蕾の家」にてカボチャプディング&パンナコッタのレシピを
長谷のおしゃれな雑貨屋さんRei Shower のオーナーの
田辺玲子さんに教えて頂きました。

生クリームをこしたり、バニラシュガーを使ったり、黒蜜・粒あん・バナナ・ミント
をトッピングするなど、ちょっとしたエッセンスを加えることで、
まろやかで見た目も鮮やかな極上の仕上がりになりました。
なんといってもレシピが「簡単」なので、すぐ家に帰って作れそうです。

P1040922.JPG

おもてなしにはセッティングも大切。
ティータイム用のランチョンマットや
カボチャプディング&パンナコッタの器は
鎌倉スタイル雑貨ショップRei Showerでご購入できます。
http://www.reishower.com/




お土産には先生お手製のオレンジケーキ。
今回のデザートはもちろん無添加で、子どものおやつにもぴったりです。
乞うご期待下さい。

2012年4月30日

「蕾の家」にて浴衣会を実施
 浴衣を着る生活
夏を先取りして、ゴールデンウィークまっただ中に
「蕾の家」で浴衣会を開催しました。
浴衣といえば、1年に1、2回着ればよいほうではないでしょうか。
そのせいか、ついつい帯の結び方や
浴衣のたたみ方を忘れてしまいがちです。
今回は、基本的な帯のリボン結びを復習しながら、
普段着慣れない浴衣姿の写真を撮る浴衣撮影会を行いました。



IMG_6294.JPG


最後は、浴衣をきちんと畳みました。
今年は何回浴衣を着れるでしょうか。
夏が楽しみです。

2012年1月5日

新年のご挨拶
A Happy New Year!!!
あけましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。

私たちViajes株式会社にとっても、
今年は大変重要な一年になりそうです。

自分たちにできることを考え、一歩一歩進みながら、
皆様に喜んで頂けるような価値を提供できるように
成長していきたいと考えております。

本年もViajesをよろしくお願い申し上げます。

今年も皆様にとっても素敵な一年になりますように。

2012年1月5日

Viajes株式会社

池田 奥谷

2011年11月6日

古民家の再生・活用事例を旅する 〜 その2
「小布施・枡一滞在記」
JR長野駅から車で1時間ほどの場所にある高井郡小布施町。
江戸時代から栗の名産地として幕府に栗菓子を献上していた歴史ある街。
それと同時に町おこしに留まらず、町づくりに成功し、
市民、行政、企業が一体となってこの町を作り上げてきました。
その風景や営みを肌で感じるために足を運びました。


ここは、その小布施栗菓子本店、小布施堂のある敷地の広場。
樹齢50年を超えるメタセコイヤ(樹高50mほど)がシンボルとなっています。
もともとは小布施堂の私有地であった場所を公開し、
今も多くの観光客でにぎわう街の中心観光スポット。


中心観光スポットの広場の一角に存在する宿泊施設、桝一客室。

パークハイアット東京の設計でも知られる建築家ジョン・モーフォード氏がデザインした宿。
長野の老舗砂糖問屋から移築した土蔵3棟を中心として構成されています。 


客殿内部にある中庭。まさに蔵に泊まったかのような感覚。


ファサードから光が差し込み、室内には光のコントラストが生まれています。


内装は西洋風。


もともとの色合いを残す張りがむき出しになっています。
木のぬくもりはなぜか温かさを生み出すこと体感しました。


客殿内にはオブジェとして樽が飾られています。
小布施では、酒樽が実際作られています。
伝統工芸を建築空間にはめ込むというセンスが感じられる空間です。



戦後、近代化の影響を受けながらも、必死に街並みを復原し、
守ってきた町長さん、建築家の思いが感じられる素敵な街、小布施です。

一度訪れ、日本の美しい景観について思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

2011年10月29日

古民家の再生・活用事例を旅する
四国、Chiioriへの旅。
四国は徳島県三好市祖谷(いや)。
ここには私たちが興味を寄せる古民家を再生・活用する方々がいらっしゃいます。
そこで今回はその先人の知恵を学ばせていただくべく、四国の祖谷に行ってきました。


日本三大秘境のひとつだけあって、自然の深さがとても印象的です。


森に引き込まれそうになるくらい自然がエネルギーを持っています。

旅の途中、祖谷温泉 和の宿 露天風呂に立ち寄りました。


ここはユニークで、ケーブルカーで渓谷を降り、川沿いの露天風呂へと向かいます。


ケーブルカーで降りるだけあって露天風呂からの眺めは最高!

温泉は微温めではありましたが、正に自然に佇む隠れ風呂のようで、
疲れを癒やしてくれます。また、昼時に行ったのがかえって人が少なくて良かったです。


いざ、桃源郷 祖谷の山里 Chiiori へ。
渓谷の奥へ奥へと車を走らせると、村が見えてきました。
その奥にあるChiioriへと向かいます。

途中、山道の脇には茅葺き屋根風の造りの家が何軒か目に留まりましたが、
なぜか現在は屋根にトタンが被せてあります。



その理由は、茅葺き屋根の維持の手間は相当なものがあり、
経済的にも工夫が必要だからです。
けれどもトタン屋根では、なんだか家が窮屈そうな感じもします。


いつかこの家々の茅葺き屋根が復活することを切に願います。

そしてChiioriに到着。




空気が違う。なんだか迫力がある。
シンプルな内装、ただすごい存在感がある。
アレックス・カーさんらしいセンスの良さを一身に感じる。




Chiiori Trustの修繕パーティーは暖かいユニークな方々が集う
すごく自然な集まりでした。


私たちにとっても大変良い出会いに恵まれました。
感謝です。


アッレクス・カーさん、村松さんをはじめとするChiiori Trust
(特定非営利活動法人 篪庵トラスト)のみなさま、どうもありがとうございました。

ジョージナカシマ記念館との出会い
最近何かとご縁のある、伝説の家具デザイナー ジョージナカシマさんの
記念館が桜製作所の工房の一角にある、と聞きつけ行ってきました。


記念館では事務局長の豊田様にジョージナカシマさんの半生や作品について
かなり詳しくご説明頂きました。

一番の驚きは、考え抜かれた家具と木に込められた想い。
大変感動しました。

人々を魅了し続けるジョージナカシマさんの家具のルーツが
少し分かったような気になりました。



11月9日(水)~22日(火)、新宿の伊勢丹(本館5階)にて展覧会を
やられているそうなので、ご興味ある方は立ち寄られてはいかがでしょうか。


桜製作所の豊田さん、三木さん、どうもありがとうございました。

2011年10月28日

谷根千(谷中・根津・千駄木)散策
谷中界隈の街づくりに携わる方々に谷中の街を案内していただきました。
日暮里駅に集合して、谷中を中心に散策。
谷中・根津・千駄木は、東京大学や東京芸術大学が近く、多くの学生や教員に愛され、
守られている街です。下町をテーマに研究をする研究室があることもあり、
下町が活気づいたまま残されているのが印象的でした。

NEC_0186.JPG
谷中銀座商店街。
ここからみる夕焼けは格別。谷中は高低差がある街。ここは高台に位置します。


商店街の路地裏。
NEC_0188.JPG

趣のある木造2階建ての家屋。


谷中はお寺の街であり、いたるところにお寺の境内を発見することができます。
江戸城があった神田方面から日暮里は日帰りでき、かつ高台であることから、
墓地として最適な場所とされてきたそうです。


谷中霊園。電柱がなく、緑も多く美しい景観。


墓地の前の出店

ちなみに、日暮里は「一日中過ごしても飽きない里」という意味を重ねて
「日暮里(日暮らしの里)」の字が当てられました。
江戸時代、墓地を中心として多くの出店があり、とても賑わっていた街だったようです。




散策中、「一時集合避難場所」という看板と、消火器を多く目にしました。
下町だけあり、火災に関しては、他の街より対策が取られていることが見受けられました。


「カヤバ珈琲」というカフェ。NPO法人たいとう歴史都市研究会の方が、
谷中の趣ある建物を保存・活用していく活動をされており、
その一つの象徴的な建物がこのカフェ。
谷中らしい重厚感のある外観。


下町ならではのおでん屋さんやお魚屋さん。


商店街は6時過ぎにしまってしまうという、不便さもあるそうですが、
またそれも下町の良さ。久しぶりにこんなに活気づいた商店街を見ました。
夕食のおかずを買うのが楽しみになりそうです。

時間があるときは、スーパーではなく、商店街にある八百屋さん、
お魚屋さん、お肉屋さんに立ち寄り、商店街を活気づける一員になりたいものですね。



谷根千ねっと>谷根千マップ ダウンロード
http://www.yanesen.net/common/pdf/map.pdf

2011年10月13日

第7回 鎌倉あるものさがし
「光明寺山門拝観と満月の夜のお十夜法要」
NEC_0169.JPG

光明寺に集合し、光明寺山門を拝観。
光明寺のご十夜法要に合わせて、今回のツアーが開催されました。



光明寺は浄土宗の大本山。10月13日は、ご十夜で、全国から浄土宗のお坊さんが訪れ、
お経を4日間読み続けるという行事があります。

その行事に合わせて、参道には沢山の屋台が立ち並び、お祭りとなっています。

光明寺の山門は鎌倉の中でも最も大きな木造建築の一つ。
この山門に登れるのは年に2回のみで、今日がそのうちの1日。


光明寺の裏山へ。
裏山は現在風致保存林に指定されていますが、
少し前までは、光明寺の敷地の一部でした。



明治初期の明治政府による神仏判然令(神仏分離令)により、神社と寺院は分離され、
神社境内にあった五重塔や仏堂などは撤去され、僧侶と神官も区別されました。
それまでは、同じ敷地内に寺と神社が共存することは当たり前でした。その名残で、
隅に鳥居が残されているお寺も多く存在します。

境界地蔵敷地と敷地の境界に建てられました。


天狗が祭られている社がありました。天狗は危険な場所に祭られることが多いようです。
昔、子どもが危ない場所に近づかないようにするために「天狗がいるから近寄らないように」
と注意を促したそうです。それが由来となって、天狗がでる社が祭られています。


浄土宗では内藤家が力を持っていたため、光明寺には内藤家のお墓が147基も存在します。
墓は、蓮を形どっており、墓の大きさが個々に違うのは、その時代によって墓にかけられる
財力が違うからなのです。


TT鎌倉の皆さん、ふたたび素敵な時間をありがとうございました。

2011年9月28日

第6回 鎌倉あるものさがし「塩の道 朝比奈切り通しと十二所の旧跡を巡る」
行程:
9:00 鎌倉駅東口
9:30 十二所バス停→光触寺
10:20 十二所神社
10:40 太刀洗水
10:50 朝比奈切り通し
11:40 熊野神社→昼食
13:10 明王院 護摩法要
14:15 大慈寺跡→ 大江広広屋敷跡
14:40 泉水橋バス停
15:15 鎌倉駅


十二所バス停からすぐ、山の麓にある光触寺
本堂横の地蔵堂には、供物の塩を嘗めるという塩嘗地蔵(しおなめじぞう)が祀られています。
NEC_0139.JPG

十二所神社

朝比奈切り通しへ


滑川の水源地へ
鎌倉にもこんなところがあったのかと思うほどの自然の渓流


山陰に佇む鎌倉の熊野神社 和歌山の熊野神社の分家。


神社境内で、お弁当。
沢山歩いたせいか、自然に囲まれているせいか、この日のお弁当は格別においしかった。


TT鎌倉の皆さん、素敵な時間をありがとうございました。