鎌倉の長谷にある古民家でお教室(イベント)鎌倉の長谷にある古民家でお教室(イベント) 蕾の家(tubomi house)

0467-23-6339
営業時間10:00-17:00
※お気軽にご連絡下さい。レッスン・イベント中などお電話に出られない場合がございますが、予めご了承下さい。

HOME > 古民家家族

鎌倉の長谷にある古民家の古民家家族

HOME > 古民家家族

古民家kazoku鎌倉 

古民家家族のメンバーが古民家についてざっくばらんに語り合い、情報発信をするサイトです。古民家についてのご相談などお寄せ下さい。又、古民家に関する講演会のお知らせなど随時発信します。古民家と皆さんをお繋ぎするミッションをもって活動します。

オフィスビルにお茶室!

神奈川県古民家再生協会田畑氏との共同プロジェクト

 オフィスビルの一角にお茶室を作るプロジェクトが今大詰めを迎えております。ご縁を感じるのは、先日アップしました新横浜古民家に佇んでいたお茶室の一部が、東京都心のオフィスビルで使われ息を吹き返しているということです。
鎌倉の長谷にある古民家の古民家再生プロジェクト
また完成後、写真のほうアップさせていただきます。お楽しみに!

※今回の依頼主様は、海外のお客様をおもてなしする際、和の空間が全くないオフィスビルではなく、「日本をより理解していただきたい」ということで、お茶室を作る運びとなりました。私たちは、古材を使うことで、新たなストーリーが生まれると考えております。
「この古材は、50年前新横浜で使われていて、その御宅は棟梁の家で、お茶室も手作りだったんです。それが、この東京のど真ん中のオフィスビルで受け継がれています。」という新たなストーリーです。

古材を使って、オフィスビルに和の空間を創造してみませんか?
ご興味のある方お気軽にお問い合わせ下さい。LinkIconお問い合わせ

新横浜の古民家解体

建具や古材にご興味ある方 こちらまでお問い合わせ下さい

棟梁の家の床材が鎌倉「蕾の家」へ

鎌倉の長谷にある古民家の建具・古材再生新横浜の戦中に建てられたという、元棟梁の家の解体現場に立ち会いました。玄関を入ると、迎えてくれたのは、星形のモザイク柄に敷き詰められた木の床でした。棟梁自らデザインし、作った、想いのこもった床材が蕾の家でよみがえることになりました。移築先は、蕾の家の玄関とキッチン。是非、床材の生まれ変わった姿をご覧にお越しください。

瓦屋根がデザイナーにより生まれ変わる

鎌倉の長谷にある古民家で瓦屋根が再生古民家解体時に大量に出る瓦屋根。今回、この瓦がデザイナーの手によって生まれ変わりました。Afterの写真ですが、もうしばらくお待ちください!


メンバー紹介

鎌倉の長谷にある古民家がかっこいい!古民家こそかっこいい!と思う池田さゆり鎌倉の長谷にある古民家をこよなく愛する古民家をこよなく愛する奥谷舞子鎌倉の長谷にある古民家を楽しい空間に古民家を楽しい空間にをモットーにする池田めぐみ
鎌倉の長谷にある古民家は感動づくり古民家づくりは感動づくり 田畑力鎌倉の長谷にある古民家の漆喰漆喰もおてのもの 横亭さん