蕾の家 Story

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

桃の節句 季節の箱寿司

2017年02月26日

早春の柔らかな日差し差し込む2月のとある日曜日。

料理研究家の佐藤裕加さんによる『季節の箱寿司教室』がはじまりました。

 

早春の柔らかな日差し差し込む2月のとある日曜日。

料理研究家の佐藤裕加さんによる『季節の箱寿司教室』がはじまりました。

 

 

今回のお教室では、箱寿司用の専用の容器を扱わず、牛乳パックを用いて箱寿司を作ります。

酢飯や具はあらかじめ佐藤裕加さんが作ってくださっていました。

その彩りのなんとも美しいこと。思わずため息が漏れてしまいます。

 

 

『菜の花、蓮根、京人参、穴子、絹さや、紫キャベツのスプラウト、三つ葉、紅ショウガ、こごみ、炒り卵』

どの具材も一手間、二手間かかっています。

少し味見しましたが、なんとも優しい早春にふさわしい味でした。美味しい!感激!

 

牛乳パックで箱寿司の容器を作り、酢飯を詰め詰め。

そして、一番肝心の箱寿司の表の部分の彩りを考えます。

 

ひとりひとり個性が出てとても素敵に完成しました。

完成した箱寿司はお土産にお持ち帰り♪

 

最後に裕加さん特製の彩りちらし寿司、菜の花のお浸し(これまた絶品!)ウドの皮のきんぴら、そしてお客様から差し入れてくださった特製自家製漬物を参加者の皆さんとスタッフのみんなで食べました。

その日は早春にふさわしい柔らかな日差しの中、お庭を眺めながらな日本の早春の味を味わう、なんとも贅沢なひと時。

 

お話しも大いに盛り上がりました。

 

手間暇かけて作ったものの味はどれも絶品。

日本の食文化の豊かさを感じ、それを後世にしっかりと伝えていきたいと思う会でした。

 

ご参加どうもありがとうございました。

とても贅沢で素敵なひと時でした。