トカゲ大学~おかあさんを解放する場~

2019年4月スタート

 子連れご相談
 

【蕾の家大学(トカゲ大学)】〜おかあさん(女性)を解放する場〜 

情報と思考の鎧を脱ぎ、子育ての自己犠牲感をぶっ飛ばし、自己に還る場所。
ここなら裸になっても大丈夫、という心理的安全、安心の場。
愛にあふれるアウトローな母親の、守秘義務下の秘密基地。
 
そんな丁寧な場創りの元、おかあさん(女性)と何をするか?
 
は虫類脳を活性化します。
自己肯定感の少し先を目指して。
 
情動を刺激し、感情の素直な発露を促します。
それにより、感動、わくわくホルモンが、は虫類脳(脳幹)からスパークします。
心の筋トレをするように、生活の一場面で使えるセルフケアのコツを、心の姿勢を整える実践を月一でしていきます。
 
子育ても、夫婦関係も、すべては愛がゆえの縁起のしわざ。
愛みたいな何かとは、いったいなにか?
自分とは、いったい何者なのか?
すべてと繋がっている己に帰る時間。
 
規制や分断の増える中、いのちの存在を、ただ讃えたい。
無条件にいのちをリスペクトしたい。
美しいいのちを信じる勇気をもちたい。
 
起きた現象そのものではなく、
己が出来事に対し、どんな捉え方をしているか?
 
この出来事の捉え方、そのフィルターを発見していくことが、そのままの自分になっていくこと。
 
そのフィルターを発見し、許容し、リスペクトすることが、他者やいのちの存在を讃え、すべてとつながる自己に還る旅。
 
そのままの自分に帰っていくということ。
 
「俺のこころは俺のものだ。
あなたのこころはあなたのものだ。」
 
そう声高に叫べる未来をめざして。
 
いのちの源、大きな海と山の畏怖の中で、
いのちの源、お母さん(女性)たちと明るいこころを創りたい。
子どもたちの明るい未来のために。
 
「私たちに偉大なことはできません。
ただ偉大な愛をもって小さなことをするだけです。ーMother Teresaー」
 
共に新しいこころの世界を発見しましょう。
 
====================
 
【同時発足コミュニティ】
 
おかあさんが笑うと子どもが笑い、
子どもが笑うと世界が笑う。
旦那と未来も笑わせたい。
新しい母親のメンタルのあり方を目指す集団。
 
THE NEW MENTAL@TSUBOMI MOTHERS
 
===========================================

4月から毎月一回、全6回のプログラム
○第4火曜日の午前から昼下がり。
 
春入学(4月〜)と秋入学(10月〜)
定員30名 最低催行人数6名
◉火曜日午前コース
10時〜13時 ワークショップ
13時〜15時 お昼ご飯と酒 昼宴
・4月23日(火)
・5月28日(火)
・6月25日(火)
・7月23日(火)
・8月27日(火)
・9月24日(火)
 
◉【全6回プログラム(1セッション180分×6講座=1080分)+個別面談(50分)】
パック料金:120,000円/1人(「エゴグラム」「観想縁起図」「自己と向き合う3つのゴールと15の自問シート」「答えのない問題100選」「未来へのラブレター」等、オリジナルテキスト代、ワークショップ材料費込み)
◯プログラム単発参加料金:25,000円
◯「人生なんでも相談室」=50分の個別面談込み。(2回目以降別途費用)
◯場合により、補講あり。
◯場合により、宿題あり。
◯保育は??(ご相談ください。)オプションで、保育士さんに相談もあり。別途費用。
 
====================================================
【全6回のプログラム】 
・4月23日(火)
【爬虫類脳を刺激する日】
◉生きる循環=「感情・思想・行動」からひもとく、現代のこころの背景。
◉爬虫類脳とは?感動わくわくホルモンを出す仕組み。
◉大人と子どもの違いとは?「そのままの自分」とは?自己に還るとは?
◉エゴグラム(心理テスト)を使ったゲームで見える化する「今ここ」の自分。他者との違いを楽しむ。(ワークショップ)
 
・5月28日(火)
【心のクセを愛する日】
◉「愛」と「過保護」の違いとは?=【自分で決めて自分で責任をとっているか?】
◉すべては己の内側にある。出来事の捉え方のフィルター=「こころのクセ」を自分のものにしよう。
◉変わるもの・変わらないものを見極める、課題の分離とは?
◉好き嫌いと、自分の人生を振り返るライフタイムグラフと認知行動療法(ワークショップ)
 
・6月25日(火)
【わからないをわからないままにする日】
◉自己肯定感を高めるためのカウンセリングマインド=いのちを尊敬、信頼し、信じる勇気。
◉子どもの自立と挑戦を促すための「信じて待つ力」=自己犠牲感を無くし、お母さんが自分の人生を謳歌する力。
◉親世代、自世代、小世代の狭間で。「アンコントロール・アントレーニング」が必要な時代。
◉コミュ二ケーション上、言葉の力とは?=センシティブなキャッチボールでノンバーバルな殺気や気配を体感する。(ワークショップ)
 
・7月23日(火)
【勇気を観る日】
◉ラブタスクとワークタスク。ラブタスクのために、働く意義がある。
◉断る勇気、相手のありがとうを受け入れる勇気。自分を受け入れる勇気。
◉こころの姿勢を整えるコツ=オリジナルのルーティンを創る。
◉マインドフルネスと唯識から観るこころの科学=瞑想実践(ワークショップ)
(※課題の共有・ケーススタディの時間も)
 
・8月27日(火)
【生きるを問う日】
◉生きるとは?=自己究明→生死解決→他者貢献
◉家庭内でのラインケアとセルフケア。
◉「すべては愛がゆえ」からの解放。
◉子どもにフロー状態に入ってもらうことが1つのゴール。そのためには?(ワークショップ)
(※課題の共有・ケーススタディの時間も)
 
・9月24日(火)
【いのちを信じる日】
◉「いい子」ほど危ない。優秀な子ほど痛んでいる。これからの時代の生きる強い力(座談)
◉「あたえることに喜びを感じるこころの状態」とは?
◉2045年、シンギュラリティがやってくる。今こそ、自分なんて無い意識への変容を。「こころの時代」から「いのちの時代」へ。(観想縁起図)
◉無意識を意識化して、自分への詩を書こう。自分を愛する勇気を持とう。今ここ、現実を生きよう。(ワークショップ)
(※課題の共有・ケーススタディの時間も)
終宴

・オプション
◉タイムカプセルマネジメント(答えのない問題100選使用)
◉EAGALA(馬介在心理療法)
◉無人島介在心理療法
◉唯識ライブ
◉ファシリテーションとは?
◉熊野の旅
 
190106_tokagedaigaku_01.pdf
===================================
 
==============================================
■予約方法(完全予約制)   
レッスンのご予約はこちらから
※定員になり次第、予約を締めきらして頂く場合がございますが、ご了承ください。

■場所
蕾の家 アクセス
江ノ電由比ガ浜駅徒歩2分
住所:鎌倉市長谷2-4-2
 

 


 
 
佐藤由明プロフィール 

詩人・心理相談員・経営者。1981年愛知県豊橋市生まれ。鎌倉市在住。3児の父。
「言葉は心だ」という信念のもと、4000編以上の詩を創作。
言葉や思いになる前の衝動のようなものを探求。そこに近づくための「根源的ないのちにつながる体験」を追求している。
春と夏は鮮魚店になり、和歌山県那智勝浦町にて「魚屋がやる、根源的ないのちにつながる旅。」を催行中。
愛をまっすぐにする、株式会社ポエガ代表取締役。教育機関、社会福祉法人、クリニック、上場ベンチャー企業等のメンタルケア、採用、研修等を担当する。
心を楽しむメンタルケアゲーム「ココロン」監修。ニンテンドーDSiより発売。葉山町後援「子育てなんでも相談室」主宰強さと優しさを育む自然学校「TIDEPOOL葉山」 講師小学生と馬の体験学校「馬学び」主宰唯識ライブ 主宰(NHKこころの時代)eagala(馬介在心理療法) メンタルヘルススペシャリスト
「どこでもない」から「いまこの瞬間」へ。踊れ。no where から now here へもってきて、解放する人。でありたい。もっと泥臭く、粋でやさしいバカ。でありたい。人生はダンスだ。

 


https://poega.jp/member/sato/
http://tsunagu-k.com/

Portfolio

 
使い方
 
会議室に

お教室に

鎌倉体験に

お電話でのお問合わせ
0467-23-6339

営業時間
平日9:00-17:00
イベント中などお電話にでられない場合もございます。
予めご了承下さい。